クレジットカードなどを利用することによって、急な入り用な時に便利に活用できるのがキャッシングです。同じようなものにカードローンがありますが、その性質は異なります。基本的にはキャッシングは一括返済が基本となり、カードローンは分割返済が前提となります。そしてそれぞれを提供する業者も異なりますし、カードの申し込みに関しても若干の違いが出てきます。ここではキャッシングサービスを提供しているの大手消費者金融への申し込みについて述べていきます。


キャッシングを提供する消費者金融とは

銀行がローンという形で資金運用するのとは異なり、キャッシングを提供する消費者金融は貸金というスタンスを取っています。あくまでもお金を貸して回収するという意味では、融資という意味も含むローンとは異なるものです。

そのために貸し倒れに対するリスク管理を金利の高さでカバーする性質を持つことになります。もっとも、一括返済を行うのであれば、金利負担はそれほどかからないものです。

けれども今では多くの大手消費者金融業者はキャッシングの返済にも分割払いに対応するようになっています。返済期間が長引くほどに金利負担が増えることになるので注意が必要となってきます。

一方で、その金利の高さゆえにある程度の貸し倒れに大してのリスクヘッジができることにより、キャッシングカードの申し込みは簡単に行えるようになっています。その申し込み方法はいくつかあります。


最も簡単なキャッシング申し込み方法はWEB申し込み

昔は消費者金融業者との対面による申し込みが普通でしたが、今では無人機による申し込みがメインとなっています。そしてその無人による申し込みの最も簡単なものが、WEBによる申し込みです。ケータイやスマホ、パソコンなどからそれぞれの業者のサイトへアクセスすることによって、利用することができます。大手の消費者金融業者はだいたい同じようなサービス内容となってきています。

>>今すぐお金を借りる必要がある方
今すぐにお金を借りる必要がある方はお金を借りるKINGをご覧ください。
このサイトは消費者金融や銀行のカードローンだけでなく、その他のお金を借りる為の方法を記載しています。


キャッシングWEBによる審査とは

対面を不要とすることで、WEB申し込みにより特に女性はキャッシングカードを手に入れやすくなったと言われます。ただし、その申し込みの流れとしては対面によるものと、実は変わりはありません。

まずキャッシングカードを作ることができるのか否かをチェックするための質問に答える作業があります。問題が無ければWEB上で必要な項目を入力して申請することになります。

大手消費者金融業者それぞれに、細かくみれば審査項目や条件は異なってきますが、基本的に必要となるのは申し込みを行う人の年齢や年収、勤務先や家族構成などがあります。

それに加えてこれまでのキャッシングの利用履歴を調べられることになります。他にもローンなどの返済履歴などもチェックされることになります。

そのために、申し込みにおける内容は事実に基づくものである必要があります。キャッシングは信用が必要となりますので、申告内容とこれまでの履歴とが異なるようでは、信用を得ることができなくなります。

そしてそれらを裏付ける書類を用意し、必要があれば実際に勤務しているかの確認のために、在籍確認の電話を受けることになります。これがキャッシングカードを作成する上で必要となる審査の流れになります。


キャッシングWEBで行う手続きとは

実際にWEBで審査の申請を行うには、どのような手続きが必要になるのかをみていきます。パソコンだけではなく、スマホやケータイといったネット接続ができる環境があれば可能となります。

そして全ての手続きをWEB上で完結させることにより、電話連絡や郵便物の配送といったことが不要となるサービスもあります。まずは氏名や年齢、雇用形態や収入などの基本情報を入力して送信します。

その後の仮審査などといった情報はメールでやり取りを行い、必要となる書類のデータを業者それぞれのフォーマットに従って送ることになります。必要があれば本人確認の電話を必要とするケースもありますが、早ければ数十分で終了するところもあります。


キャッシングWEB申し込みで大切なこと

キャッシングの申し込みをWEBで行う場合に、まず入力ミスが無いようにするのは基本です。紙に書き込む場合とは異なり、WEB上で入力する場合にはタイプミスということが起こるからです。

そしてそれに気づかないまま送信してしまい、審査に落ちてしまうと面倒なことになります。カード会社が参考にする信用情報に、その履歴が残ってしまうのです。

それによって、新たに別の業者で申し込みを行おうとしても審査に通らなくなる場合があります。それを念頭において、丁寧に入力していくことが大切です。

また、前述しましたが事実をそのまま送ることは大事です。これまでの借り入れ実績や返済に関わること、収入や勤務先に関することは誤りなく正確に申告することが大切です。

特に借り入れなどに関する情報は業者側でも調べることになるので、そこに差異があると信用力を失うことになります。

その結果、審査に通らないケースもあるのできちんと申告することは鉄則と言えます。そしてもうひとつ、一度に複数の業者に申し込みを行うことは避ける必要があります。

場合によっては、確実にカードを作りたいという考えから同時進行で複数の業者に申し込みをしようと考えるケースも見られます。

他社借り入れ件数というものは、信用力に関わる大事な要素です。複数の業者での借り入れを必要する事情があると判断されると、返済能力に疑問を抱かせることにつながります。

WEB審査によるキャッシングカードの申し込みは、本来電話などによる本人確認は必要だったものです。

けれども、たとえば銀行と提携している消費者金融業者の場合は、その銀行口座を持っているだけで簡単に審査が通る場合もあります。

本人確認は不要となるので、申し込みもしやすいものとなります。けれども頭に入れておきたいのは、他のキャッシングやローンなどの利用履歴は業者同士で共有しているということです。

いくら対面での申し込みではないとしても、自身の情報は正確に申告することは非常に大切です。そしてもう一点、顔が見えないだけにデータだけが審査の対象となるわけです。

そのデータに自信が無い場合には、あえて対面で申し込むこともひとつの手段であることを知っておいても損はありません。データでは補えない信用性を、直接伝える手段となるからです。

サイトMENU

Copyright (C) 2000 キャッシングドリーム. All Rights Reserved.